大学病院 看護師 求人

大学病院の看護師の仕事は意外と人気が高い!

 

専門看護師、認定看護師の資格を取りたいという、意識の高い方に人気があるのが大学病院です。

 

ICU(集中治療室)や産婦人科、小児科などは希望する方も多く、人気の職場です。大学病院での勤務は、最先端の医療に携わることができるので、より病気で困っている人の力になりたいと考える方には最適な職場となります。

 

夜勤があったり体力的に大変な一面もありますが、小さな病院とは異なり、スタッフも多くシフト調整がきちんとしているので急な出勤などはあまり見られません。快適に働く職場としてはメリットも多いのが大学病院勤務の特徴です。

 

 

大学病院の看護師へ転職するには

 

看護師として働く場所が沢山ある中、大学病院の看護師として働きたい人はどのように探せば良いのでしょうか。

 

一般的に大学病院の看護師として働くには、その大学を卒業する必要があると思っている人がいるようですが、その必要は特にありません。

 

確かにそのままその大学で仕事を見つける方が楽かもしれませんし、同じ大学であればいろいろなコネクションはあります。
その上、実際に個人で大学病院の仕事を見つけるのは難しいです。

 

もし中途採用や自分の大学以外の大学病院で働きたいと思ったら、看護師専門の人材紹介に登録するのがベストです

 

ハローワークなどで大学病院の求人募集を探しても、好条件のものは競争が激しくすぐに決まってしまうことも多いです。一般には公開されない非公開求人にいち早く触れることで有利に転職を進めることができます。
看護師求人サイトには、まず最初に好条件の求人情報が集まるのでここで決まってしまうというケースが多いです。複数のサイトに登録することでたくさんの非公開求人に触れることが大学病院探しにおすすめです。

 

無料で登録から利用までできるのも嬉しいところです。


大学病院の非公開求人にオススメの求人サイト

大学病院の看護師の役割?

大学病院の看護師と言っても沢山の科があり、それぞれの治療や看護は異なってきます。
内科や外科、皮膚科、眼科、消火器外科など挙げればキリがありません。
その大学病院の看護師の役割とは何でしょうか。

 

看護師は大学病院でも、個人病院でもやはりメインは患者さんの「看護」がメインとなります。
そして、先生のアシスタントを勤めるのも看護師の仕事です。
先生の代わりに症状を説明することもあれば、先生の代わりに患者さんに症状を聞くなど、常に患者さんとは先生以上に密な関係になります。

 

そしてクリニックとは異なり、大学病院となると夜勤勤務があります。
これは患者さんが入院をしている以上、必ず回ってくるシフトです。
体力的にかなり辛いそうですが、夜勤手当は必ず出るそうです。

 

そして患者さんの看護だけではなく、ある程度看護師として経験を積んでくると、新人看護師の育成も頼まれるようになります。
勤務中に看護師としての仕事しながら、教えていくので自分の仕事がスムーズに行けない場合もあります。
ただ、自分が育成している新人が成長していく姿を見ると、達成感や喜びはあるようです。

 

他には大学病院の看護師の役割として、現場の管理という仕事があります。
患者さんのケアを円滑に行うには看護師同士もきちんとコミュニケーションが取れ、患者さんの状況が把握できているなど、きちんと管理が行き届いている必要があります。
大学病院の看護師は、患者さんを看護するだけではなく、少しでも質のある看護ができるための仕事も行っているのです。

 

 

 

 

http://大学病院看護師.com/

 

 

更新履歴