大学病院 一般病院 違い

大学病院と一般病院の違いとメリット?

大学病院と一般病院の違いはご存知ですか?
総合病院などの大きな病院であれば、名医がいる、または家から近いなどの理由意外患者さんからすれば同じに見えるかもしれません。
看護師からの目線では、この二つの病院の違いは何でしょうか。

 

大学病院の看護師は、本来の”看護”がメインとして患者さんと接することができます。
例えばテレビなどでも見る様に、点滴などは看護師さんが行うイメージがありますが、実際大学病院では、看護師の仕事ではなく研修医などの先生が行う仕事になっています。
基本的に手技を必要とするものは先生が行い、完全に作業分担制となっています。

 

作業を分担することで、大学病院のような大きな病院は効率よく患者さんをケアすることができるのです。
中には手技系のケアを一切しないことで、”大学病院の看護師は何もできない”と思われがちですが、実際はそういうわけではないようです。

 

反対に、総合病院などの一般病院の看護師は点滴や抗がん剤投与などの手技の仕事もこなしていきます。
なので、大学病院の看護師が一般病院へ転職をすると、手技経験が少ないため、一般病院の看護師からは”仕事ができない”というイメージをもたれてしまうこともあるそうです。

 

看護師という仕事に対して、どのような目標や看護への理想をもっているかで働く場所を考える必要があります。
大学病院であれば看護に集中したケアができれば、一般病院では手技を使って患者さんをケアすることができるのです。
どちらも患者さんにとって必要で、どちらもそれぞれメリットがあるのです。

 

大学病院で働きたい!コネもないしいい仕事先が見つからない・・・
そんな方へ大学病院での看護師転職で成功するためのコツをこちらで解説しています。
↓↓↓
大学病院の看護師のお仕事を上手に見つけるコツはこちら