大学病院 看護師 向いている人?

大学病院の看護師に向いている人?

大学病院の看護師というだけで、とても大変なイメージがあります。
病院が大きい分患者さんも多く、入院する患者さんも含めれ24時間体制で看護にあたらなければいけません。
その大学病院の看護師にはどんな人が向いているのでしょうか。
いくつかご紹介します。

 

まずは看護業務に徹底して専念したい看護師さんです。
マンパワー(労働力)が十分にある大学病院であれば、業務分担がきちんと分かれているので、本来医師がする点滴確保などの雑務が減り、患者さんときちんと向き合った”看護”をすることができます。
そうすることで看護師にとっても目標や変なストレスの負荷がなくなります。

 

他に専門看護師、認定看護師の資格を取りプロフェッシャルになりたい看護士には大学病院で働くことに向いています。
教育に力を常に注いでいる大学病院は、専門教育にも協力的で積極的です。
実際に資格を持っている先輩からのアドバイスももらえるなど、学べる環境にあり、資格を持つことで手当てなども出る病院もあります。

 

そして高度な最先端技術医療のもとで看護がしたい人は大学病院がおススメです。
最先端技術と教育が常に求められる大学病院では、この体験は他の病院よりも環境が整っています。
実際に”看護”というものに最先端の医療技術が必ずしも必要ではないかもしれませんが、医療に携わる者として最先端の技術を学びたいと思うのは良いことです。

 

最後に複数の科を経験したい人は、大学病院の看護師としておススメです。
同じ病院内で異動は可能なので、自分が興味のある科へ異動をしてスキルアップを目指すことは、将来の看護師としての経験にプラスになります。
同じ病院内なら、それぞれの科の看護師と知り合うこともできるのでネットワークはいろいろなところで情報交換など大切な役割を果たしてくれます。

 

大学病院で働きたい!コネもないしいい仕事先が見つからない・・・
そんな方へ大学病院での看護師転職で成功するためのコツをこちらで解説しています。
↓↓↓
大学病院の看護師のお仕事を上手に見つけるコツはこちら