大学病院 看護師 メリット?

大学病院の看護師のメリット?

看護師として働ける場所は、個人病院のクリニックや総合病院、大学病院などいくつもあります。
それぞれ働く中で不満を持つところもあれば、メリットだと思うところもあります。
その中でも大学病院の看護師として働くメリットとは何でしょうか。
いくつか大学病院の看護師のメリットをご紹介をします。

 

大学病院は看護師にとって本来の”看護”ができる最適の場所です。
なぜなら個人病院などとは異なり、大学病院は役割分担がはっきりしているからです。
点滴などの医療治療は”医師の指示の下”で看護師がするのではなく、研修医や医師がすることが一般となっています。
なので看護師は”看護”に集中することができます。

 

そして大学病院は名前の通り母体が大学なので、現場となる病院でも教育に対して力を注いでいます
新人だけではなく、経験のあるベテラン看護師もいろいろな研修に参加ができます。
研究設備が整っているので、技術や医療の発展により看護のスキルも同時にアップすることができます。
よって、大学病院の看護師の知識や基準の平均が高く、看護の向上を目指している看護師には適した場所です。

 

他には勤務シフトがきっちり組まれているのが、大学病院の看護師のメリットです。
小さな病院などに比べ、残業などで自己犠牲になることは少ないです。
勤務体制がきちんとしっかりしているので、夜勤などで大変などですが自分の時間が作れるようにシフトが組まれているのは安心です。
このように大学病院の看護師であることはメリットがいくつかあります。

 

大学病院で働きたい!コネもないしいい仕事先が見つからない・・・
そんな方へ大学病院での看護師転職で成功するためのコツをこちらで解説しています。
↓↓↓
大学病院の看護師のお仕事を上手に見つけるコツはこちら