大学病院 看護師 悩み?

大学病院の看護師の悩み?

大学病院の看護師の悩みは少なからず、どの看護師でもあると思います。
夜勤や常に患者さんと向き合い看護をしていく仕事は、並大抵のことではないと思います。
いくつか大学病院の看護師が持つ悩みをご紹介します。

 

大学病院の看護師になると、同じ病院、または同じ科で新卒から退職まで働くことは珍しく、同じ病院内でも科を変える看護師さんは多くいます。
その中で中途採用や個人クリニックから大学病院へ転職、またはブランク明けの復帰などの看護師も働いています。
その人たちの多くの悩みが、新しい勤務先の師長からの強い攻撃です。

 

「勉強してる?」、「新卒の子に負けてるわよ。」など教育というより、育成とは反対の攻撃を受けることにストレスを感じる看護師もいるようです。
中途採用が増えていく中、病院の体質が変わっていない現状なので、病院内の中途採用に対する対応が整っていない大学病院が多いようです。
職場に慣れるまで、一番同じ看護師からのサポートが必要な時の師長などからの批判はストレスを超え、仕事も成長できないので辛い悩みのようです。

 

そして新卒の看護師は特に、研修に参加する必要が出てきます。
この研修は基本的に休日に行かされるようで、”せっかくの休みなのに。。。”と不満に思っている看護師が多くいます。
交通費や勤務扱いでお金は支給されるそうですが、それでも休みの欲しい看護師にとっては大変です。
大学病院では昔からの慣わしなのか、病院やベテラン看護師からは当然のようで、研修だけはなく、その後の研修レポート、病棟の勉強なども勤務外やらないといけないという大変さはあります。

 

最後にやはり、どんなに長いベテラン看護師でもなれない”夜勤勤務”です。
これは経験を積めば慣れるものかと思いますが、経験を積む、つまり年齢を重ねる毎に体力的にも辛くなってきます。
家庭を持ち始め、または体力に自信がない看護師には継続が難しいので、離職率も高くなってきてしまいます。

 

大学病院で働きたい!コネもないしいい仕事先が見つからない・・・
そんな方へ大学病院での看護師転職で成功するためのコツをこちらで解説しています。
↓↓↓
大学病院の看護師のお仕事を上手に見つけるコツはこちら