大学病院 看護師 給料?

大学病院の看護師の給料?

大学病院の看護師の給料ですが、御存知のように大学病院には多くの科があるためそれぞれ異ります。
以前は高収入と言われていた大学病院も、近年では個人病院などと変わらない給料と言われており、夜勤などの手当を入れて少し多いくらいかもしれません。
気になる給料は平均年収400万円〜600万円と言われています。
600万円ほどの年収をもらっている看護師は、主任クラスやベテランの看護師になるので、最低でも15年の経験は必要になるかもしれません。

 

ボーナスによって年収も変わってきますが、ボーナスは勤務先の大学病院で異なるので、平均がバラバラになってきます。
年齢別での大学病院の看護師の給料は一体どのくらいでしょうか。
20代は新卒と20代後半で大きく差が出てくることもありますが、平均で350万円〜400万円と言われています。
夜勤などの手当などが含まれてるので、そこでも差が出てきます。

 

そして30代の平均年収は500万円前後と、20代の平均年収から大きく上がります。
これは経験年数が増えることや、それに伴うボーナスアップで変わってくるのかと思います。
30代で主任や役職になれば、年収600万円前後にアップします。

 

40代の平均年収は20代から30代ほどの差はなく、平均年収は530万円前後になります。
これも経験や勤務年数、そして主任などのポジションによって金額は変わってきます。
給料が下がってきているとは言え、同じ年齢の女性の職業に比べたら多いかもしれません。
大学病院の看護師はそれだけ大変な仕事をしてるので、もしかしたら今もらっている給料でも少ないと思っているかもしれません。

 

大学病院で働きたい!コネもないしいい仕事先が見つからない・・・
そんな方へ大学病院での看護師転職で成功するためのコツをこちらで解説しています。
↓↓↓
大学病院の看護師のお仕事を上手に見つけるコツはこちら