大学病院 看護師 離職率?

大学病院の看護師の離職率?

大学病院の看護師は夜勤もあれば、科によっては体力的にも精神的も大変なお仕事です。
看護師を夢見て大学病院の看護師として働き始めたはずでも、いつかは辞めるときが来ます。

 

看護師はどの職業よりも、求人が多いので比較的転職がしやすい職業なのかもしれませんが、離職率もそれに比例して高い傾向があります。
大学病院の看護師の離職率について少しご紹介します。

 

大学病院の離職率が高いのは、それだけ看護師の人数も多いからであって、けしてその病院がとても嫌だからみんなが去るという意味ではありません。
平均として、新卒で入ると始めの3〜5年はあまり離職率が高くありません。
これは教育カリキュラムも充実しており、就労環境が良いためもあって、新卒の人は仕事に慣れるまでは離職はあまりないようです。

 

そして6年目以降になると、技術・知識的にも看護師として自信がついてくる頃になります。
そうなると、少しでも条件の良い病院への転職を考え始めます。
そうすると自然と見つかれば転職をすることから、このくらいの看護師さんの離職率が高くなってきます。

 

30代あたりになると給料自体も上がり、役職につく人も出てくるので離職率は安定してきます。
ただ結婚や出産により退職する人も出てきますので、離職率が低下するわけではありません。
科それぞれで離職率などが変わってくると思いますが、看護師さんも”患者さんを看護したい”という気持ちがあっても、向き・不向きがあるので精神科などは特に離職率が高いかもしれません。

 

大学病院で働きたい!コネもないしいい仕事先が見つからない・・・
そんな方へ大学病院での看護師転職で成功するためのコツをこちらで解説しています。
↓↓↓
大学病院の看護師のお仕事を上手に見つけるコツはこちら