大学病院 退職・転職ができない

大学病院の退職・転職ができない時の対処法

大学病院の看護師として働いていても、どこで働いていても、退職や転職を考える時期は必ず来ると思います。
ただ、近年医師や看護師不足ということもあり、なかなか簡単に辞められない事情が出てくると思います。
病院側がストップをかけ、さらに辛い思いをしている患者さんのことを考えると退職が延ばし、延ばしになってしまう気持ちもあるかもしれません。

 

ただ、病院に限らず企業には社員を拘束できる権利がないので、本当に退職や転職を考えているようであれば、遠慮せず退職の希望を伝えましょう。
一般的に退職する一ヶ月前くらいに申し出を出せば辞められますが、大学病院の看護師はシフトやチームパートナーなどの引継ぎ等もあると思うので、早めの報告をすることに越したことはないと思います。
転職先の内定が決まっているのに、今の病院が辞められないというようなことにはならないよう、病院側のペースに流されないように注意して下さい。

 

今では転職サイトなども充実しているので、オンラインで簡単に仕事の情報を見つけることができます。
なので少し嫌なことがあるだけで、簡単に転職や離職するのは避けましょう。
その前に同じ大学病院の看護師の先輩や師長などに相談してみましょう。
もちろん、自分自身がプラスになれない職場で働いていたとしても、体調を崩し、過度なストレスは医療事故を引き起こす恐れもあるので、看護師は続けたいけど。。。という人には転職はおススメです。

 

大学病院で働きたい!コネもないしいい仕事先が見つからない・・・
そんな方へ大学病院での看護師転職で成功するためのコツをこちらで解説しています。
↓↓↓
大学病院の看護師のお仕事を上手に見つけるコツはこちら